シュミニッキ

Home > Nonシュミニッキ

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200X年は終りを告げたけれど。  <2010.01.29 Fri>

昔の漫画や映画では、近未来を舞台にした場合、

「時は200X年~」

みたいな始まりが結構あったっけ。

気がつけば、そんな200X年も去年でおわり。

そのころ想像された世界は、現在どの程度、実現されたんだろう。

実現されたもの、されなかったもの。

予想すらされなかったけど、今の世にあるもの。

とりあえず、車は空を飛んでない。


ここ2~3年は映画館に足を運ぶことがなかった。

最後に見た映画はなんだったっけ?

覚えていない。

だけど、これだけは見ておきたい!

そんな映画がありまして。

久しぶりに映画館に足を運んだ。

 「AVATAR」

ご存知、大ヒット大絶賛上映中のコレ

3Dを体感したい。

その一点に尽きる。


その3Dの実現方式には何種類かある。

一番メカニカルな実現方式(?)であるXpanD方式で見たかった。

調べてみると新宿の「バルト9」で上映中。

大都会新宿に行ってきた。

会社帰りなので、19:15の部。

全席指定制。

18:30に到着したにもかかわらず、席は残り少ない。

最近じゃネットで事前予約とかできちゃうからか?

比較的早く来ても埋まってる。

公開から日が経ち、かつ平日の最終回なのに。

客の入りが良い。

2000円ですか、そうですか。

特別興行とやらでついに大台ですか。

高いですね。


3Dで3時間ともなれば、頭痛などが心配。

目の疲れが頭痛に転化しやすので、ボクは。

3D酔い的なものもあるのかな?

色々な疑問や期待と共に上映開始。



~ 3時間経過、上映終了 ~



で、感想としては。

以下、ストーリーのネタばれはないです。

あくまでも3Dに関してだけ。

端的には、

 『すごかった』

飛び出すってよりは奥行き感のすばらしさ。

これまでも技術関係の展示会などで何度か3Dには触れてきた。

でも違うね。

これまでのそれとは。

ハリウッドが3Dを意識して本気で撮る!

そして、映画館の大スクリーンで見る!

感動した。

この感動を例えるならば・・・

「ジェラシック・パーク」で恐竜のファーストショットを見たときの感動。

首長竜(?)的な恐竜を見上げるあのシーンね。

その時も「ついにここまできたか」と。

こんなのが実現しちゃったのかと感動したそれに似ている。

とにかく、映画館に「体感」しに行くべし。

時代の転換期を見逃すな!

って、下手な宣伝文句みたいになってきたけど。


見る前の、心配事はさほ問題にならなかった。

目の疲れがあるものの、頭痛や車酔いのようなものはなかった。

ただ、XpanD方式のメガネは結構大きい。

ちょっとした拍子にずり落ちる。

これは小さな子供にはちとキツイかな?

方式ごとにメガネの大きさなどが違うので行く前に調べてみてもいいかも。


ただ、個人的にはもう一回見たい。

次は「IMAX 3D」で見てみたい。

こっちはさらにヤヴァイらしい。

2200円らしい。

いやまぁ、そういう意味じゃなくて。

「AVATAR」はIMAX 3Dに最適化して撮られているらしい。

シアター自体も3D用に設計されているし。

むかーしむかし。

10年以上前の、高島屋のIMAXシアターができた頃。

3D映画を見に行った。

巨大スクリーンの3Dに驚いたけど、今回のような感動はなかった。

ジェームス・キャメロンは構想に14年をかけたと言うけど。

まさしく、この頃からの10余年。

密かに積み上げてきたものが技術進化とともに花開いた。

3D黎明期であるはずの今、この完成度は伊達じゃないな、と。

方式なんて小難しい話はどうでも良いから3D!

と言う人はとりあえずIMAX 3Dがオヌヌメ。

って、自分自身まだ見てないけど…

是非、IMAX 3Dで見直したい。

現状、IMAX 3Dは全国で4館しかない。

でもでも、幸い川崎にある。

まぁ、どこで見るにせよ、間違っても2D上映で見ないように!

「AVATAR」= 「すべて3D」ではありませんので。

気をつけましょう。

さぁ、君も映画館へ急ごう!
スポンサーサイト

車がムチウチ。  <2009.12.09 Wed>

ミニッツを楽しんだ帰り。

23:30

車が少ない。

かっ飛ばす。

法廷速度範囲内で。

突然、フロントから異音。

ビチビチ言ってる。

何かがボンネットの裏側を叩いてる。

ボンネットを開けてみる。

すると、あらま。

ベルトが切れかかっている。

それが遠心力でボンネットを鞭打ちしてた。

とりあえず、その日はどうしようもない。

寝た。


さて、あらためて。

修理に持っていこうかと。

エンジンをかけると同時に異様な臭い。

「なにお?」

ゴムの焼ける臭い。

ビチビチ鞭打ち音がやんだ。

恐る恐るボンネットオープン。

想像に難くない。

完全に切れてた。

女王様撤退。


さて、なんのベルトが切れた?

試しにちょっと動かしてみることにした。

駐車場からバックでゆっくりと…

左にハンドルを切る。

切れませんでした。

一瞬、ハンドルがロックしているのかと思った。

それくらハンドル動かない。

パワステベルトでした。切れたのは。


まずタイヤが転がってないと切れない。

駐車場から出て切り返すのに一苦労。

ハンドルが目一杯きれないので何度も少しずつ切り返しながら。

やっとこ出た。

修理に持っていきたくても、無事運転出来るのか?

重ステの車なんて乗ったことない。

これから先も乗らない。

ただ半端なく重い。


運転中に切れなくて良かった…

事故ってたかもだし。

考えると怖い。


さて、目指すはオートバックス。

10~15分くらいのドライブ。

曲がる箇所はそう多くない。

意を決してスタート。

スピードを抑えながら慎重に運転。

ゴーカート乗ってるときの感覚。

ハンドルと車の動きがダイレクトに連動する感じ。

キックバック?って言うの?

それも強い。

もう少し現実的な重さまで軽減できたら、これはこれで面白い。


そして、見えてきたオートバックス。

最後の難関はオートバックスに入るところだった…

なんとか力任せに切ってIN。


駐車スペースに、ものすごい斜めの車。

もう直す気が起きない。

幸いガラガラだったのが吉。


すぐに修理が始まる。

ついでに他のベルトも交換して貰う。

40分くらいで作業はおわり。

ベルト2本と工賃で1万YEN。

あー、よかった。


オートバックスから出るときにハンドル軽すぎて

「壊れてんじゃねーか?」

って思った。

世の中知らないことがいっぱいすぎて楽しい。  <2009.11.02 Mon>

「ITpro EXPO」と言う展示会に行ってきまして。

東京ビッグサイト。

今回は見るだけじゃない。

出展者としても参加してきたわけですが。

午後からは説明員として召喚されてるので午前中に見て回る。

s-RIMG0001.jpg

とりあえず、フェラーリと。

他のメーカーでも昔、出てたな。

携帯でもあったな。

そんなにフェラーリがいいのかと。

確かにイイ。

いや、まぁ買わないけどね。


一通り見て回る。

コンパニオンのお姉さん方がアンケート片手に入り乱れる。

とにかく、アンケート書いてくれ、と。

そうすると何らかの記念品を貰えたりするわけだけど。

お姉さん方もノルマがあるでしょうから、必死ですわ。

昔は律儀にアンケート記入してたけど、すべてパス。

記念品とかもうゴミになるだけ。

たま~に気の利いた記念品もあるけど。

不景気のあおりがこの辺にも表れてる。

『ボールペンコレクタじゃありませんから』

そんな感じ。

とまぁ、そんな最中、一風変わったアプローチ。

ドールハウスにホームサーバ。

これを写真に撮ってblogやTwitterに載せてください、とな。

そうしたら、白熊みたいなやつの人形くれるって。

で、撮りましたよ。

s-RIMG0026.jpg

これをズームすると…

s-RIMG0027.jpg

①ってのがホームサーバ。

s-RIMG0028.jpg

マイクロソフトのブースだったので、XBOXもある…

シュール過ぎる。

ちびっ子がACERのホームサーバ片手に、

「バックアップはキチンと取らないとね!」

とか言って遊んじゃうんだろうなー。

「これでガンガン動画つっこめるわー」

そんなオママゴトは見たくない。

なんでこんなもん作っちゃったのよ。

もちろん非売品でしょうけど。

いや、すごいアプローチ。

OLの思いつきとかを実現しちゃった感じの展示。

これが許される企業の余裕と体力。

いやもぅ、いろんなことが考えさせられましたよ。

で、もらってきた白熊みたいなぬいぐるみ。

D1000003_20091103184750.jpg

いや、冗談ですよ。

もちろん知ってますよ。

スヌーピーくらい。


もう一つ、別の展示会もやってまして。

「トラックショー」

これも行ってきた。

ついでだから覗いてきた。

とかじゃなくて、偶然こちらにも出展してまして。

ある会社の一部を請け負って出展しているらしい。

見て来い、とのお達しがあったので、行ってみた。

グンバツでトラックショーの方が面白かった。

まずは、電気自動車のコンセプトカーがたくさんある。

s-RIMG0008_20091103185225.jpg

s-RIMG0010_20091103185240.jpg

s-RIMG0011.jpg
『AKIRA』にでてきそうなバイク。

s-RIMG0012_20091103185638.jpg
ビンテージカーに見えて…

s-RIMG0013.jpg
エンジンルームは電池。

そして…

フォーミュラカーまで!

s-RIMG0023_20091103185527.jpg

s-RIMG0025_20091103185536.jpg

s-RIMG0004_20091103190132.jpg

音が静かなフォーミュラカーか。

キツイな。


さらに進んでいくとキタゼ、トラック。

でかい。

s-RIMG0020_20091103190225.jpg

写真じゃわからないけど、でかい。

シートに座れるとなっ!

当然、座ってみた。

「すげー、トラックのシートに初めて座った!」

宇宙いけるわ、あのコックピット。

うしろベットついてた。

屋外でも色々やってたけど時間がなくて見れなかったのが残念。


午後は「ITpro EXPO」に戻り、そつなく来場者の相手する。

17:30に閉幕。

閉幕と同時に取り壊しの業者が一斉になだれ込んでくる。

すごい勢いで、各ブースを解体。

刹那。



で、トラックショー。

肝心の我が社の出展。

見忘れてきたこを思い出す。

「出展してませんでした」

って、言っておけばいいと思う。

Happy Birthday To Me!  <2009.10.20 Tue>

本日、10/20はボクのお誕生日。

めでたい。

誕生日プレゼントを受け付けております。

受付期間は『前後半年間』です。

そんなめでたい今日。

会社をお休み。

『お誕生日休暇』

なんてヌルイものじゃない。

単に有給を取った。

でも寝てたわけじゃない。

今日はMCPの資格試験を受けてきた。

そして、もち、合格。

って、一度落ちたヤツを再受験ですけど…

まぁ、言ってもたったの1つですよ。落としたのは。


2009年5月に始まり、足掛け半年に渡って資格試験を受けまくった。

取りまくった。

そんな資格取得の長い旅路も今日で終わり。

ということで…

・頑張った半年間の成果を残しておきたい。
・こんなに取ったんだぞって自慢したい。

これらを目的にここに記す。

どちらかと言うと後者の意味合いが断然、強い。

全12個です。

1つを除いてすべて『一発合格』です。

エライと思う。

自分で言うしかないと思う。


-- CISCO --
■ CCNA
2009.06.01(Mon)  640-802J CCNA

■ CCNP
2009.06.08(Mon)  642-845J ONT
2009.06.15(Mon)  642-825J ISCW
2009.06.22(Mon)  642-812J BCMSN
2009.06.29(Mon)  642-901J BSCI

-- Microsoft --
■ Windows Server 2008, Enterprise Administrator
2009.07.27(Mon)  MCTS 70-640(Windows Server 2008 Acttive Directory)
2009.08.05(Wed)  MCTS 70-642(Windows Server 2008 Network)
2009.09.07(Mon)  MCTS 70-643(Windows Server 2008 Application)
2009.09.16(Wed)  MCITP 70-647(Windows Server 2008, Enterprise Administrator)
2009.10.20(Tue)  MCTS 70-620(Windows Vista)

■ Windows Server Virtualization, Configuring
2009.09.02(Wed)  MCTS 70-652

■ SQL Server 2005
2009.10.14(Wed)  MCTS 70-431


履歴書の資格とか書く時に困らなくなった。

まぁ、それだけなんだけど。

築城というか、改築。ボクノシロ。【其の参】  <2009.10.16 Fri>

段ボールがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!

はい、やってきました。

7つの箱。

なかには、重くて運送会社のお兄さんでも、一人で運べないようなものもある。


IKEA家具は基本すべて組み立て。

玄関先に置かれた段ボール。

梱包を解いて、片っぱしから二階の城へ。

パーツを持って上がるだけ何十往復。

そして狭いスペースで組み立て作業開始。

+ドライバー,-ドライバー,六角レンチ,金槌,ペンチ

付属しているのは六角レンチくらい。

地味にいくつかの工具が必要だったりする。

 ・PCデスク
 ・袖机
 ・棚が4本

結構な数。

棚はすべて高さが2m超。

筋肉痛と腰痛に泣きながらも、ガランドウだった部屋が徐々に形になってく。

その間にもAmazon界隈を中心としてじゃんじゃん荷物がやってくる。

PC本体やらディスプレイやらHDDやらケーブルやらソフトやらなんやらかんやら。

狭い我が家じゃ、置き場所もなくなってくる始末。

黙々と組み立てと荷物整理などもしながら二日が経過。


そして…


やっと組み立てと家具の設置が完了!

後は荷物の搬入を残すのみ。

搬入は楽しい。

徐々に整っていく感じがイイ。


そして…


ついに完成!!

完全にシュミの部屋。

新しいシロ

狭いシロだけど適度に落ち着く狭さ。

椅子に座って周りを見渡すと壮観。

到着して、数日。

やっとPCに火を入れる。

ここでやっとディスプレイのデカさを実感する。

これに端を発したんだっけ。

あっ、メモリか。

どうでもいいや。

壁紙も映える。

新しい棚の木の香りに癒される。

あ~、引きこもりそう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。