シュミニッキ

Home > 2007年11月

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えないチカラ。  <2007.11.26 Mon>

久しぶりの速ラジコン。

Dドラの冬企画。
『サーキットの狼』用の車両を準備。
と言ってもDドラにて準備開始。

F103GTのカーボンシャシにF103をまるっと載せるだけ。
シャシが変わっただけのF103といった方が話は早い。

タイヤはDドラ製大径ホイールにKAWADAの大径タイヤ。

ってだけなのに載せ替え作業に4時間超。
14:30になってやっとコースイン。

しかしこの後、『見えないチカラ』に支配され、苦悩の数時間が展開されることになる。
そのチカラの正体とは!?

『The ノーコン』

数メートル走るもステアリングが突然切れて止まってしまう。
1m位まで近くによると動き出す。

ちょっとしたノイズによる・・・と言うレベルではない。

メカの組み合わせは、

 サーボ:Futaba 9550
 アンプ:エクストレイ(新品)
 受信機:Futaba R303FHS(シンセ、これまた新品)

と言った感じ。

F1にて実績のある組み合わせだったので何ら懸念材料はなかった。
にも関わらず、現実にはひどいノーコン。
正常に電波を受信していない風。

・モーター
 貰った缶にGTチューンの中身。
 まずはこれを排除して、540に変更。
 これならどっから見てもF1と一緒の組み合わせ!
 → 多少マシになったというレベル。ダメ。

・ポンダー
 受信機に近かったので外してみる。
 → ダメ。

・配線
 長めのだったモーターコードをカット。
 アンテナとマイナスコードの距離を離してみる。
 → 変わらない。

・アルミ包み
 昔のキーエンスのアンプはノイズを発する事があった、とのこと。
 アンプと受信機をアルミテープで覆う。
 → ビンゴ!これが主たる原因だったようです。

と言うことで、皆さんにいろいろ助言を頂き、『見えないチカラ』の支配から逃れることができました。

出勤から8時間を経過した18:00。
やっと1パック終わりました。

長い一日だった。

って、ここで終わっちゃうわけにはいかないので。

やっと走り出すTVR Sagaris.
昨年のボディが気に入っているので、今年も同じ物を購入済み。

540SHってこんなに速かったか??
ミニとのギャップに驚きながら、
「今年の狼は自分の場合、540SHで十分」
とさえ、思えるくらい速い、というか速さに追いつけてない。

指数は41くらい。

ロールが大きい気がするし、ステアリングも過敏。
諸々、セッティングを試してみるべきところだけど久しぶりの速ラジコンで楽しくてそのまま周回を重ねる。

マイティで走っていたけど、夜が更けるとズリズリ。
そろそろ冬に活躍、黒缶の時期となっていくのかな?

というところで終了。

途中にミニもちょろっと。
バトルに励む一団を邪魔するだけの走行。
数周に一度くる一団との絡みをこちらは楽しみながら。
かたや、一団からみれば邪魔でしょうが。

「練習の時はそこそこの走りをしてるのにね~」

ミニレース以降、各方面から判で押したように同じことを言われる。
F1の時も同じか・・・

レースの時にも『見えないチカラ』が働くようで。
但し、この場合に発動される「ノーコン」は…

「脳が混乱する」の略であることは言うまでもない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。