シュミニッキ

Home > 2008年07月

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピークは1週間前でした。ピークがあっただけマシか。  <2008.07.22 Tue>

どうも、こん○○わ。

ダメ人間です。

頭がイタイ。夏バテでしょうか。


もう、遠い過去の出来事のようです。

思い出せません。

思い出すほどの出来事は、実はないのかもしれません。

思い出したくない、そんな防衛本能が働いているのかもしれません。

その日もたいそう暑かったことは覚えてます。


先週は10.2秒台に突入すると言う、ステキなイベントに遭遇。

やる気、気力、妄想…

その他諸々、充実して待ち望んだD-Drive Sports Rd.4.

昨今の暑さは温暖化の影響ではなく、ボクの熱気だと思います。

唯一の心配事は、

「大活躍しちゃったらどうしよう」

その程度でした。

今回は、フリー走行から積極的に走り込み。
適度なウォーミングアップと最終チェックを行う。

予選1回目。

路面が悪いのか全体的にタイムが上がらない。
10.7xx秒にもかかわらず、ヒート4位。

「もうちょい頑張っちゃったら、もしかして・・・ニヒヒ」

変な欲望が渦巻きつつの予選2回目。

1パック目で10.50x秒。

感覚的にはまだタイムアップできる雰囲気。
バッテリー交換して、再度コースイン。

インラップ時、インフィールド出口からシケインに向け加速。
タイムアタックに入ろうとしたその時。

歴史が動いた(Copyright NHK)

歴史は動かずに、シケインの脇の緩衝材が吹っ飛んだ。

ステアリングが全く切れないままシケインに突っ込む。
本物のF1もビックリの大迫力。

本日、ボクの一番の見せ場でした。

アップライトのピロボールがはずれてました。

10.4秒に入る予定のセッションはこうして終了しました。
いや、もしかしたら10.3秒に入っていたかもしれない。

と言うことで次回に夢を持てる終わり方でした。

それでもギリでBメイン入り。

後方から炎の追い上げ期待。
自分に期待。


さて、決勝。

後方からのスタートなので気は楽。
もちついてスタート。

なんかおかしい。

フロント勝ちなのかコーナーをちゃんと曲がれない。
とにかく走りにくい。

カクカク曲がるんですが。

なぜ??

正直、レース中も、それ以降も分からなかった。
一晩あけてからやっとわかった。

恐らく、リアウィング変えたからだ…

練習の時から、スタイル重視でクラシックボディ付属のリアウィングを使用。
それでも、なんら問題を感じたことはなかった。

予選二回目の時。

色気を出して、

「クロスウィングにしたらもっと走りやすくなるに決まってる!」

なんて思いから変更。

ホントはこの時、carrさんに

「曲がるようになるかもよ」

って、忠告を受けてたのに。

「いや、イケルはず」

なんの根拠もない確信から変更しちゃったウィング。

やめときゃよかった…

一度も試したことないようなことをレースでするもんじゃないね。
とにかくコーナーがつらくて仕方ない。

終盤にはスピードがガクッと落ちる。

「バッテリー根性ねーなー」

と思っていたらモーターが焼けてました。
土壇場で裏切ったリアウィングの恨みかもしれない。

面白味もなにもない、疲れだけが残ったレースとなってしまいました。

いつも通りのダメなレース、ダメな人間。

レース後にまたもやステキな参加賞として、
Dドラオリジナルステッカーを貰って、少しテンション上がりました。


来週からは現代F1ボディ(と言ってもMタイプ)に戻ります。

クラシックボディと歩んだ1ヶ月半は楽しい日々。

悔やまれるのはリアウィングを変えたこと。
スタイル重視を信念にやってきたのに浅はかに変えてしまったのが…
結果よりも信念変えたことが悔やまれる。

もう少しうまくなったらまた戻ってきたいボディでした。

次回は8/30のWヘッダー。

今シーズンも折り返した訳だ。

一度くらい、輝きを放つレースをしてみたい。

暑さに負けず、自分に負けず、練習に励みますか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。