シュミニッキ

Home > 2008年12月05日

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇退じゃない、それがセツナイ。  <2008.12.05 Fri>

晴天の霹靂にもほどがある。

バトン涙目。
バリチェロ引退決定。

そんな突然すぎる、HONDAのF1撤退発表。

つい先日まで来期の話をしていたのに。

チーム売却を検討中…
とは言え、この時期に引受先が見つかるものか?

見つかったところで、シャシはあってもエンジンがない。

2009年の鈴鹿は開催する、って話だけど。
裏を返せば、それ以降は未確定とも取れそうな雰囲気。

大改修を終えた鈴鹿にHONDAがいない。

世界恐慌の影響がこうした形でも見せつけられることになった。
それにしたってHONDAの撤退に繋がるとは…

あのTOYOTAですら新車発表をコストを理由に取りやめたくらいだから。
ネガティブな雰囲気はあったものの。

どん底のチーム状態で撤退するってのが残念でならない。
HONDAのF1第三期はほとんど輝きを放つことなく終わってしまって…

世界恐慌、そしてエコ社会。

そして、日本で顕著なのがスポーツカーが流行らない。

F1という莫大なお金を要する「宣伝活動」。
ともすると、F1では十分な「費用対効果」が得られないご時世なのかもしれない。

なんて、寂しい考え方が脳裏をかすめる。

第四期?

現状じゃ到底、先が見えない。

もう、ないかもしれない。
今年が最後のHONDAだったのかもしれない。

なんか世の中、全体が闇だね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。