シュミニッキ

Home > 2009年09月18日

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「特殊な時代」の"かほり"を感じてみる。  <2009.09.18 Fri>

Occupied Japan Lighter7

Occupied Japan Lighter2

小さい。

親指くらい。


上部はふたになっている。

外してみると…

Occupied Japan Lighter3

ライターです。

但し、と言うか、見ての通りZippoではない。

日本製。


製造年は1947~1952年。

なぜかと言えば…

Occupied Japan Lighter4

「Made in Occupied Japan」


第二次世界大戦による敗戦後。

占領下に置かれた日本で作られた製品。

5年間の限られた期間。

日本の歴史上、後にも先にもこの時だけであろう、占領下におかれた特殊な時間。

戦後復興の産声さえ聞こえぬようなこの時期。

主に海外向け製品として様々なものが作られた。

これは、その一つ。


インサイドを取り出してみる。

すると、そこにも「JAPAN」の刻印。

Occupied Japan Lighter5


フリント(発火石)を入れる ネジ を外してバラシてみた。

Occupied Japan Lighter6

Zippoと基本構造は同じ。


元はと言えば、Zippoもオーストリア製のフタ付きライターをヒントに作られたもの。

これはどちらかというと、それに近いものと思われる。

オリジナルではないものの、必要以上に小さなものを作り上げるあたり。

日本人らしくていい。


Zippoとはひと味違う趣きを与えてくれるライター。

Occupied Japan Lighter1
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。