シュミニッキ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > Zippo > 炎の先に見えるのは。

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の先に見えるのは。  <2007.11.16 Fri>

Zippo BLUをやっと手にいれました。
純粋なZippo社製という意味で初となるガスライター。

SWAP MEET会場で4700円。
底値でしょう。
これほど安く出てると!

代理店を通さずに直輸入とのことです。
確かに日本語表記の印刷物は一切ありませんでした。

箱内部にプライスタグが付いていていました。

Zippo BLUプライスタグ

日本円で5500円を多少下回るくらいといったところ。
30001番の日本での定価は9450円。
日米での価格に随分、開きがあるように感じます。

すぐに使ってみたかったのでガスを入れて貰いました。

新品状態ではタンク内が真空なのでガスを入れては少し抜いて。
これを繰り返さないと十分にガスが入らないとのことでした。

いまいちその理屈が論理的に理解できませんでしたが、とりあえずガス注入の工程を眺めてました。

ガスを注入しては細いマイナスドライバーで注入口を押してガスを出して…

そうこうしているうちに入ったようです。

どうも火の点きが怪しく見えます。
BLUは着火の悪いモノが結構な頻度で紛れているという話を聞いていたので心配。

お店によっては全数チェックをしてから販売しているようです。

「徐々に使っていけば…」

みたいなことをポロッと言っていましたが、これまた意味がわかりませんでした。

Warninngテープを剥がしてガスまで入れて貰っている以上、やっぱり買いませんってなわけにはいかなので多少の心配を抱えつつ購入。

オイルZippoとの大きな違いとして、まず着火のしかたが違う。

フリントホイールを固定する台座自体が上下する。
フリントホイールを上から押すことでガスが出る。
この状態でホイールをまわし、火花を散らし着火。

なかなか一発では着火しない。
まぁ、こんなものか。

青い炎はカッコイイ。

着火直後は赤い炎が立ち上る。
次の瞬間、青い炎となる。

ターボライター特有のシュボーってな音も悪くない。

全体のサイズが大きいので手に余るのが難。
全長,全幅ともにオイルZippoよりも大きい。

なによりも作りがチープでデザインが格好悪い。

とまぁ、だったら買わなきゃいいのにと言われそう。
それでも一度は使ってみたくて購入。

帰宅してからも使い続けるものの徐々に着火しづらくなる。
20回くらいホイールをまわしてやっと着火。

翌日も同様。
着火しにくいというレベルを超えている。
寝たら直る。そんなことはないらしい。

ハズレ引いたか…

Zippoサービス送りを覚悟。

更に翌日。
会社に行く際にはオイルZippoを手に。
それでも諦めきれずにBLUも帯同。

会社にてBLU着火。

一発着火成功。あれ??
その後、使い続けるもいずれも一発着火記録を更新し続ける。

午後に入り、記録は途絶え何度かまわさないと着火しない状態に。
それでも使えないレベルではない。

原因についてしばし思考する。
ポケットに入れていたので暖めるといいのか?
多少振ってみたりしたのがよかったのか?

オイルZippoであれば暖めることによってガスが気化しやすくなり着火しやすくなることはある。

確固たる原因は究明できていない。

ふと親指をみると内出血
ヒリヒリと痛い。

もうしばらく、根気よく使い続けてみたい。

数日を経た今。
一般受けしそうな要素が見あたらない。

Zippoファンにも受け入れられるものではないだろう。
むしろZippoファンだからこそ受け入れがたい、そんな思いがある。

正直、青い炎は風前の灯火と言った感が強い。
炎同様、胸の内はブルー。

Comments

name
comment
: URL

#- 2008.05.06 Tue 03:42

同じような状況で悪戦苦闘しています。
2回サービスセンターへ送りました。
現在以下のようにしてなんとか使える状態を
1ヶ月位保っています。

 ・ガスは途中で足さずに、
  中のガスをすべて抜いてから充てんする
 ・蓋をして逆さにして机などに軽く打ちつけ
  バーナーの穴のごみを落とす
 ・フリントは早めに交換する

でもどうにもならなくなったらサービスセンターへ送る
べきだと思います。

zipblitz : URL

#- 2008.05.08 Thu 14:24

コメントありがとうございます。

どれも試したことがありませんでした。
暫く使わずにいましたが、御指南頂いた点を試しつつまた、また使ってみたいと思います。

: URL

#- 2008.05.21 Wed 01:33

以前コメントした者です。
その後いかがですか?
後になって分かったことですが、ガスの注入に失敗すると空気が入って着火しにくくなるようです。
試行錯誤で見つけたことでしたがガスをすべて抜いてから充てんするのは正しいようです。
かなり詳しい説明がZippoClubにありました。
http://zippoclub.com/html/blu.html
をぜひ参考にしてください。
私も何とか使える状態を保っています。
ZippoファンとしてはなんとかBLUも成功して欲しいと思っています。

zipblitz : URL

#- 2008.05.22 Thu 10:14

相変わらず気難しい状態です。

点きやすい時とそうでない時。

不思議とこれが存在します。
何が影響してこうなるのかがわかりません。

傾向として朝は点きやすく夜は点きにくい。
かなりいい加減ですが、現状の所感です。

お店の人に聞いた話では、炎の出る部分(ガスが出る部分と言いますか…)がシビアなようです。
前回、教えて頂いた「バーナーの穴のごみを落とす 」は合点がいきます。

自分の回りでBLUを使っている人を見たことがないので普及活動の為にも自分が使わなくては!と思い始めました。

: URL

#- 2008.05.30 Fri 00:15

そうですか。
一度サービスセンターへ送ってみてはいかがですか。
あと、ガスを入れる時はBLUを逆さにしてガスの注入口を
真上に向けて行わなければ空気が入りやすくなるとの
ことでした。3~5秒を3回くらいで入れるようにしてください。

完全にガスを抜いて1回目注入で横の窓いっぱいにガス面が
上がるまでガスが入りますか?
そうでないと空気が入ってしまっている可能性があります。

注入口をドライバーのようなもので押して
中のガスを完全に抜いてからガスを注入する
作業を行ってください。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。