シュミニッキ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ラジコン > やっぱり見かけ。見かけ倒し。

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり見かけ。見かけ倒し。  <2008.02.13 Wed>

ラジコン始めたころはドレスアップの良さがわからなかった。

しかし半年もすると…

「なんか青いパーツとか付けるとカッコイイらしい」

「カーボンとかにするとイケテルらしい」

他の人の車を見たり、ラジコン雑誌を見ているうちに変な刷り込みが生じてきまして。

青いネジやらナットやら…
変更の必要がないパーツを青くしていったあの頃。

そして1年が過ぎ、ふと我に返った。

「青いパーツって別にカッコヨクないな」

なんかオトナの策略にはまりかけていた自分に気が付いた。

青くしても速くならなかったし。

うん、これ当たり前。
色変えても速くならないから。

そもそも青いキラキラとか、自分の趣味じゃない。

『やっぱり素材色がイィ!』

なんて思い始めたら、どうしても青が気になり始めてきた。

まぁ、でもしゃーないか。

いや、しゃーなくない。

てか、許せなくなってきた。

「アルマイト剥がすべ」

これは確かレインマスターサンがblogに書いてぞ。
と、早速チェキラ☆

ありませんでした…
blog移転したので古い記事がないみたい。

ということでやり方探してみました。
簡単にできそうDeath.


まずはパイプユニッシュ。
風呂場の掃除などに使うヤツ。
塩素系の液体でアルマイトを溶かしちゃえ、と言うこと。

スーパーなどで300~400円くらいで手に入るはず。
但し、文字通り溶かしちゃうので微妙なサイズ減やさびやすくなるなどの弊害がある。
この辺、認識した上でやらないとね。

今回チャレンジしたのは以下のパーツ

・TAMIYA F103用アルミモーターマウント
・TAMIYA TRF スペシャルダンパー(青いところだけ)
・3Racing フリクションダンパーポスト
・3Racing 1面のみのアルミモーターマウント

まずはイチゴのパックがあったのでこれにパーツを並べて。
パイプユニッシュ原液を流し込む。

塩素系のガスの心配などがあるので外でやった方がいいかも。
換気をしっかりすれば風呂場も大丈夫かな。

ビニール手袋と割り箸を準備。
液体が肌に触れないように注意。

アルマイト剥がしの図

割り箸でつんつんしてみる。
TAMIYA製パーツは液体に漬けるとすぐに青が溶け出してくる。
液体のなかで青色がゆらゆらしてる。

3Racingはなかなか変わらない。
30分以上すると色が全体的に薄くなっているのがわかる。
それでも青色が液体に溶け出しているように見えない。

TAMIYAダンパーが一番最初にあがりました。
洗車用の中性洗剤をバケツに入れて、そこで歯ブラシ使ってゴシゴシ。

ダンパーは味気ない素材色。良いですな~!
なんとも言えない面白い色になりました。

組んでから気が付いたのが、ダンパースプリングはどうするんだ、と言うこと。
折角だからどうにかしたいけど…
しゃーない、あとで考えよう。

TAMIYA アルミモーターマウントは細かい部分の色が落ちきらない。
結局、何時間くらい泳がせていたかな?

そんなに長く漬けていいのかどうかは分からないけど、黒ずんだ感じになってきた。
かなり腐食が進んだ模様。

燻したような渋い雰囲気になりました。

アルマイト剥がされたよ

どちらもサイズ的に痩せた感じはない。
モーターマウントの車高調整パーツもピッタリとしたフィット感。
アルマイト剥がし前と変わらない。

3Racingは色の落ち方が全体的に薄くなっていくような感じ。
きれに落ちきらない。
3Racing製パーツのアルマイト剥がしはオススメできないかな。

写真ないです…

と言うことで、すべて家にあるものでできました。
簡単お手軽。

アルマイトを落としたパーツを眺め、しばし悦に浸る。

漢のドレスアップ。

人様から見たらドレスダウンか??

こんな事ばかりしていて、2008年版F1はさっぱりできあがらない。

いつになったら走れるのやら…

Comments

name
comment
ただ : URL

#- 2008.02.14 Thu 00:18

ガンセキオープンの様なダンパー素敵です。
アルマイト剥がすと表面処理が無くなるので表面が曇ったり腐食したりするかも。
お手入れを忘れずに!

ヨコマッチ : URL

#- 2008.02.14 Thu 03:22

自分もダンパースプリングを錆び錆びにしてしまいました...メッキ処理だけど。
でも渋くていい感じだねぇ!

zipblitz(カンリビト) : URL

#- 2008.02.14 Thu 09:33

> タダサン
確かにお手入れは気を付けないとと思っています。
今まではピッチングダンパーのお手入れが疎かだったので良いきっかけかもしれません。

> ヨコマッチサン
ダンパースプリングは色を剥がすと特性に影響が出そうなので考え中です。
漬けておくだけなので簡単ですから是非是非。

セリカの男 : URL

#- 2008.02.14 Thu 15:54

本当に、石みたいな色になるんですね。
磨くと光るのかな?墓石色のパーツで
レースでチーンっていうことのないように、
お祈り申し上げます。縁起でもないか・・・。(笑

zipblitz(カンリビト) : URL

#- 2008.02.14 Thu 16:16

> セリカさん
がーーーん。
墓石色なんて言葉は聞いたことがないですっ!!
色の名前考えて意匠登録しよ。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。