シュミニッキ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > F1 > F1観戦絵日記 二日目

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1観戦絵日記 二日目  <2008.10.14 Tue>

あいにくの雨。

予報通りの雨。

雨模様

昨年ほどの雨じゃないし、霧が出ていない。
昨年のようにセッションキャンセルなんて心配はない。

2日目もバスは順調。

昨日同様、8:30には到着。

午前のフリー走行は300Rにするか最終コーナーにするか?

昨晩、悩んだ末決めきれず。

実際に二箇所とも行ってみよう!
それから決めることにした。

途中でこんな場所に遭遇。
各チームの荷物ケース(?)置き場。

荷物ケース置き場1



そして歩き回った結局、300Rで見ることにした。

荷物ケース置き場2

まずはヴィッツレース。

300R ビッツレース

去年はF1以外、サポートレースは全く見なかったけど、今年はちょこちょこ見ていこうかなと。


そしてセッション開始が近づく。

セーフティカー2台競演

セーフティーカー2台が競演。
セッション前になると必ず、セーフティーカーが数周走る。

そして、レインでセッション開始。
タイヤはエクストリーム。

小雨が降ったり止んだり。

エクストリームは意外。

300R ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトン

300R デビット・クルサード
デビット・クルサード

300R ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネン

300R 中嶋 一貴
中嶋 一貴

300R ニック・ハイドフェルド
ニック・ハイドフェルド

300R ティモ・グロック
ティモ・グロック

300R ジャンカルロ・フィジケラ
ジャンカルロ・フィジケラ

300R ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトン

300R セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテル

300R キミ・ライコネン
キミ・ライコネン

300R ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトン

300R キミ・ライコネン
キミ・ライコネン

300R ネルソン・ピケJr
ネルソン・ピケJr

300R マーク・ウェーバー
マーク・ウェーバー

300R ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロ

300R ニック・ハイドフェルド
ニック・ハイドフェルド

300R キミ・ライコネン
キミ・ライコネン

ライコネン写りすぎ。
いや、ライコネン狙いすぎ…

ついついね。
ライコネン通り過ぎた瞬間に次の撮影に備えるためにストップウォッチで計ってたからね。
姿が見えてから撮る準備しても遅いので。

とにかくライコネン狙いまくってた。

良い感じで撮れた!と思った瞬間、マッサ…
とか言うのは数知れず。

100Rだか300Rで見てた時に、フェラーリだけはフィンがぶるぶるしてた。
あれが、良い空力を生んでいると納得。

イヤ、絶対ない。


そして、また徐々に移動開始。

300Rからダンロップ・コーナー手前地点。

ダンロップ・コーナー手前 フォース・インディア
フォース・インディア

ダンロップ・コーナー手前 トロ・ロッソ
トロ・ロッソ

ダンロップ・コーナー手前 BMW
BMW

セッション終了。
午後は雨が上がるとの予想。

なのでドライにあわせこんで、このセッションではあまり走らないかも?なんて予想もあったけど、各チーム共、精力的に走り込んでました。

午後はいよいよ予選。
午後はL席で観戦予定。

とにかく一番安い指定席ってことで選んだ席。
自由席が抽選で漏れまして…

安いだけにどんな席なのか??

不安と期待が入り交じりつつ、到着。

L席裏外観

そびえ立つ鉄骨組。

さて、入場。

L席景観1
ダンロップコーナーから…

L席景観2
第13コーナーとネッツコーナーまで。

非常に広範囲をカバー。
メインの第13コーナーからの距離も近いので迫力も十分。

なかなかコストパフォーマンスの高い席だと感じた。


さて、いよいよ予選開始時刻が迫ってきた。
午前中の雨も止んで、路面はほぼ乾いてる。

ここからF1マシン、そしてドライバーのホンキ走りShow.

第13コーナー ジェイソン・バトン
ジェイソン・バトン

第13コーナー ネルソン・ピケJr
ネルソン・ピケJr

第13コーナー セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテル

第13コーナー フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソ

第13コーナー ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトン

第13コーナー ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロ

今回の「MAKE CARS GREEN TYRE」キャンペーンの緑ラインがピッタリ合っているHONDA。
なかなかカッコウイイね。

とは言え、F1自体は反エコの最たるモノなの… いやなんでもないです。


第13コーナー キミ・ライコネン

第13コーナー キミ・ライコネン

第13コーナー キミ・ライコネン
キミ・ライコネン

やっぱりシメはライコネン。

ニックのQ1敗退はショック。
契約が決まった直後にこの失態。
調子が良かったように見えただけに残念。

そして、セッションが終わるたびにお掃除隊出動。

お掃除隊

ポルシェ・カレラカップの決勝。
これがなかなか面白い。

オーバーテイクも見ることができて、ヴィッツレースのワンメイクを含めて侮れないです。

ポルシェ・カレラカップ1

こうして、2日目のレースもすべて終了。


バスが混んでるだろうから、ゆっくり散策。
おまけに今日は小田原に宿を取っているので楽チン。

HONDAブースでバトン・バリチェロのトークショウ。

バトン・バリチェロ トークショウ
スゴイ人だかり。

話の内容はつまらなかったので早々に退散。

TOYOTAブースでは右京トークショウ。

右京 トークショウ
いやー、こちらもツマラン。

セッション終了後は席が開放されるのでメインストレート前の席に潜入。

各チームが明日に向けて準備。

暗いので上手いこと撮れなかったけど…

マクラーレンピット
マクラーレン・ピット

フェラーリピット
フェラーリ・ピット

ピット全景
ピット全景

たっぷり遊んで帰路につく。

バスはこれまた待ち時間ゼロ。
昨年は1時間まちでしたが…

10人程度乗り込んだ時点ですぐに出発。

快適快適。


ちょっと、おまけ。

小田原のビジネス旅館に宿泊。
古い城下町だからか、ちょっぴりカオスな雰囲気も。

4500円という格安旅館が何件もある。

ただもう、とにかく古い。
汚いとかじゃなくて、古い。

窓が木枠とか。
テレビはガチャガチャダイヤル式とか。

普通の個人宅かと思うような玄関だし。

まぁ、これも良い経験。
ビジネス旅館

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。