シュミニッキ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ラジコン > 橙とか代々とか、大体もうどうでもいい。

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橙とか代々とか、大体もうどうでもいい。   <2009.01.26 Mon>

諸事情で今週もドラはお休み。

フェラーリマスターさんに子供関連グッズを頂くためにちょろっとだけ行ってみた。
フェラーリマスターさんありがとうございます。

みんなが楽しく走っている姿を横目にF-1パーツの買い物を済ませ退散。

但し、それ以外にも収穫はあってボディ塗りのアドバイスをチューマンさんに貰う。

クリアスプレーやカワダのシートタイプの透明両面テープもその時に買ってきた。

『GTはお金をかけない』と言うポリシーだったのに、ボディ作成でなんやかんや出費増。

 ・ボディ
 ・スプレー(オレンジ/シルバー/黒)
 ・ニトムズ透明両面テープ
 ・カワダ両面テープ
 ・写真紙
 ・A-One のびるラベル
 ・A-One 光沢白ラベル

ダメダメ、考えちゃダメ。

塗り完が正解だったとか思っちゃダメ。


さてと。

白文字ステッカーの白抜き以外の部分の調整作業。

ボディベース色(タミヤポリカスプレー:オレンジ)とのマッチング作業ってこと。

カラーチャートを写真紙に印刷してポリカ端材に裏張りんぐ。

ここで、写真紙を貼り付けたポリカにクリアスプレーを軽く吹く。

写真紙へのポリカスプレーの染み込み防止とポリカスプレーの乗りを良くするため。

乾いたところで、表面から見てみる。

スプレー部分と写真紙に印刷されたカラーチャートの色を比較して…

カラーチャート内の最も適した色を選ぶだけ。

うーん、簡単。

と、思っていたのが大間違いでした。

まずは目の錯覚に苦労する。

カラーチャートは微妙に変化した色が隣接した状態で並んでる。

そのため、隣接した色に影響されて、ボディカラーとの比較の時に目の錯覚を起こす。

これだ!と思った色でステッカーを印刷。

最終確認のためにポリカ端材に裏張り、スプレーまでしてチェックすると…

『違う… 全然マッチしてない…』

人間の目はダマされやすい。

根本的にボク自身が人間的にダマされやすい、とかはあるかもしれない。

とにかく、カラーチャートのそれぞれの色を近接させすぎるとダメ。

それぞれを切り離して少し離した状態で裏張り&スプレー確認した方がいい。

あとは指で近接する色を指で隠したりしながらやってた。

で、あとはスプレーの吹き方。

当然、軽く塗ったり、厚塗りしたりすると色が変わっちゃう。

これも影響が大きかった。当然だけど。

最終的な仕上げ時と同様の塗りで確認しないとダメダメ。

途中で面倒になって、色調整したステッカーを裏張りしないで、塗り済みのポリカとステッカーを横に並べて比較したけど、これもダメ。

ポリカと両面テープを通した時の色合いと微妙に違う。

手間を惜しんじゃダメって事ね。

って、あーだこーだとやった結果、


 『あきらめました』


あきらめましたあきらめましたあきらめましたあきらめましたAkiraめました。

完全敗北宣言death.

色あわせだけに何時間使えと。

色あわせだけで、スプレー缶使い切る気かと。

もう、橙も赤も黄も何が違うんだと。

目と頭がおかしくなってきた。

これをクリアスプレー&ポリカスプレーの成分が助長して…

世間一般だと『ラリってきた』とか言う表現になるのでしょうか?

もう、どうでもいい。

ばんばん印刷始めて裏張りしちゃいました。

でもでも。

買ったばかりのプリンタは印刷品質だけはすごいね。

これだけはうれしかった。

透明ラベルに印刷したときに、特に感じるのがdpiが良くなっていること。

みっしりインク乗ってる感が伝わる。

印刷工場フル稼働でぺたぺた貼り倒す。

今回、初めて買ったのがA-Oneの「のびるラベル」

で、コイツにも印刷してみた。

「なんたる惨状…」

出てきたシートはインクが浮きまくり。

というか、全く定着してない。

うっきうき。

間違ったシート買っちまったか!

もしくは不良品か?

いや、もしかして…

「裏表、逆にしちゃった系?」

ボクが不良品でした。

表裏を逆にして印刷しちゃいました。

いやでもね、これ間違うよ。

普通に。

特に今まで光沢系のラベルばかり使っていた人は。

裏面とされる方がツルツルしてて、表面とされる方がざらついてるのよ。

疑いもなくトゥルトゥッル面を表だと思って印刷したらこの有様。

ティッシュとクリーナーできれいに落として、リトライ。

よっぽど疲れていたのか、もう一回同じ間違いした。

インクがうっきうきなシートがまた出てきた。

もう、何もかもやめてしまおうかと思った。

とまぁ、裏張りは70%くらいまでやったところで終了。

なんか色々と疲れたし。

オレンジ恐怖症。

オレンジ万歳。

負け戦

Comments

name
comment
carr : URL

#- 2009.01.26 Mon 15:58

この写真でも色が違うのは気のせいか(笑)。
難しそう~。

裏表、間違えますよね。
私もやったことあります。

zipblitz : URL

#- 2009.01.26 Mon 17:03

> carrさん
実際に色が違います。
試行錯誤した結果です。
無駄になった奴等です。

間違えたのはボクだけじゃなかったのですね!やはり。
あの表裏は裏面になにか印字するとかして欲しい。

ただ : URL

#- 2009.01.26 Mon 22:27

いや~楽しそうだね~!
インク代もバカにならないんじゃ\

早く作らないとレース一発しか出番がなくなっちゃうよ~!

RMbros兄 : URL じぶんのせいですか?

#- 2009.01.26 Mon 22:48

ちょっと難しくしちゃいましたか?
色々書いてはいますが、どんなにやっても

完全一致は無理

だと思います(爆!!
スーダースーダララッタスラスラスイスイスイ~っと。
要はあんまり気にしない事です。
シールを切り抜く時に余白をあんまり多くとらないとかで
うまく誤摩化して下さい。
これだけ頑張れば絶対
「愛せるボディー」が出来上がりますよ。

スーダースーダララッタスーダララッタス~イスイっと…(爆!!

ヨコマッチ : URL 難しい。ハッキリ言って

#- 2009.01.26 Mon 23:41

あー、A-Oneね、自分も裏面印刷やったことあります、みんな一度はやるんですね^^;
しかもこれって表面ザラついてつや消しっぽいし、色のりもいまいちだよね。でも簡単に手に入るし伸びるので買ってしまうんだけど。

挫折する気持ち、分かるなぁ~^^;
自分の場合だと予想とのギャップにショックを受け、時間だけが無駄に過ぎてゆくのに耐えられなくなって途中から開き直って中途半端な仕上がりになるケースが殆ど...
でも完成すると、もっと頑張ればよかったかな~、なんて後悔したり...
の繰り返しです。

Chu-Macher : URL イラレ・トレースソフトの御案内

#- 2009.01.27 Tue 03:41

SuperGTボディ製作なかなか頑張ってますね!!
私は・・・全く進んでません~

Windows用オートトレースソフト名は
「POTRACE」です!!
下準備に少々コツが要りますが、イラレCS以前のバージョンには必須かな!?
Mac用だと「Cocoapotrace」なるものがあり、かなり便利そうですよ。

zipblitz : URL にんにん。

#- 2009.01.27 Tue 09:18

> たださん
楽しかったのはすでに昔…
インク代は本当にシャレにならんですよ。
全色で買ったら、実売レベルでも5000円オーバーですから(泣

> RMbros兄さん
難しくしちゃってはいないですよ!
カラーチャートの方法を知らないともっと大変だったと思います。
それにしてもこんなに大変だとは思いませんでした。
出来上がった時に「愛せる」ことを祈って完成目指します。

> ヨコマッチサン
うしし。やっぱり経験済みですね、裏印刷。
気持ちの変遷具合がすっごくわかります。
まったく同じ心境です。
妥協点の閾値が時間と共に徐々に下がっていきますよね!

> Chu-Macherさん
>> 私は・・・全く進んでません~
いやいや、あのステッカーっぷりは全然じゃないですよ~!

「POTRACE」それでした!!
あの場ではばっちり覚えていたつもりだったのですが…
取り敢えず、早速これで遊んでみます。
ありがとうございます。

でも遊びだしたが故に、またいたずらに時間をかけちゃいそうな悪寒。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。