シュミニッキ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ラジコン > 金メッキ。メッキメキ。

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金メッキ。メッキメキ。  <2009.12.08 Tue>

ENZOボディを携えて向かうはトップフォース。

土曜日の夜、21:00過ぎに到着。

相変わらず、たくさんいる。


着いたら即、走り始められる。らくちん。

よく走ると言われるENZOボディ。

否が応にも期待が膨らむ。

「全然、ダメダメなんですが…」

立ち上がりでまっすぐ立ち上がらなかったり、リアちょいすべりだったり。

後でわかったのが、どうもカーペットの芝目?

タイヤの暖まり?みたいなのが影響してるらしい。

ボクだけじゃなく、そういう動きをするらしい。

しばらく走っていると安定してきた。

ENZOの良さがわかってきた。

XANAVI GT-Rでは、ばたついていたような部分がなくなった。

イイかもしれない。

あとはピッチングダンパー。

オイルダンパーに変えてみた。

セリカさん絶賛だったので。

2時間コースなのに現場でダンパー組むとかどうなの?

とも思ったけど。

なにせ何も持ってないだけに溢れたオイルを拭くモノすらない。

レシートで拭いた…

「これいいわ」

さらに挙動が落ち着いてイイ。

こんなに変わるもんかね。

F103ではカッコウイイから付けてるだけで違いなんてわからないのに。

ウソです。

さすがにそこまでじゃないです。

でも、とにかく驚いた。

1パック終了。

右のミラーは当然の様にない。

開始5分で吹っ飛んだ。

コース外に飛んでったそれをレインマスターさんがそっと拾ってくれた。

わかってはいたけど、取れるの早すぎ…

おまけにフロントまわりのペイント剥げてる。

あっという間に査定金額0円。

そんなことを気にしてたら…気にしてたら…

どんどん走る。

どんどんぶつける。

2パック目が終わりピットに戻る。

ボディを外す。

手が金粉にまみれてた。

なんか手がめでたい感じだった。

なぜかルーフのあたりまで剥げてた。

なぜそんなところまで…

・キャンドゥスプレーが悪い
・塗り方が悪い
・運転が悪い

どれが原因かは、わからない。

ことにしようと思う。


最後はモーターの線が切れて終了。

当然、修理する術もなく。

ただ、2時間ちょうどのところで切れた。

テクニシャン。

Comments

name
comment
ただ : URL

#- 2009.12.09 Wed 00:44

やっぱりポロポロ落ちるでしょ。
表塗りなんでこれは宿命ですね。

純正ボディーの”なんちゃらコート”は偉大だ。
クリーナーだけで新品みたいだもんね。

carr : URL

#- 2009.12.09 Wed 03:14

ノーマルモーターだから、それくらいの違いですむんですよ。
私なんて激変で、GTとF1くらいの差でした。

ボディ、ダンパーと来たら、今度は速いモーターですね。
ちょうど線も切れたし!

zipblitz73 : URL

#- 2009.12.09 Wed 08:38

> たださん
確かにです。なんちゃらコートだとポロポロ的な剥がれは全然ないですね。
次回は白ボディにステッカーだけにします(泣

> carrさん
そうですね。線切れたのはお達しだと思います。
次回はVモーターで取っ散らかろうかと思います。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。