シュミニッキ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ラジコン > 決意の時(おおげさ)。

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決意の時(おおげさ)。  <2006.11.03 Fri>

ラジコンを、とは言っても。

ラジコンを始めるのに、いまいち腰が重いのはドリフトだってこと。
友達3人は皆、ドリフト仕様。
いまいちドリフトの楽しみがイメージできない。


またもや金曜日の定例飲み会にて。

友「いろいろラジコンのコースがあるんだな!」

僕「あ、そう。」

友「でさ、ドリフトってただパーキングで行ったりきたりするだけで飽きるじゃん」

僕「そだよね。派手だけど飽きそ」

友「D-Drive Sportsってサーキットがあってさ。そこでF1やってんだよ」

僕「いいね~」

友「で、俺もヤフオクでF1手に入れてD-Driveでやることにした」

僕「ドリフトは?」

友「辞めた」

僕「…」

ラジコンを始めた友達 2/3人 F1へ転向。


そして週末、見に行きました。
D-Drive Sportsへ!

「はえーーーー!」

たまげました。
とても自分にゃ無理。

それが第一印象。

それでも友達は周りの人には到底かなわないながらもどうにか周回してる。

なんだかすごく楽しそう。
見るとなおさらラジコンがやってみたくなる。
と言うかやること決意。激しく決意。


D-Driveは二輪駆動専用のサーキット。
多くの人がタミヤのF1で遊んでいる。
が、しかしタミヤF1(F103)は残念ながら既にディスコンになってしまっているらしい。

そこで今でも店頭で手に入る二輪駆動ということでF103-GTを勧められる。
ほとんど構造は同じとのこと。
F103へのコンバートも簡単じゃないかな?との友達の言葉を信じ、F103-GTを買うことを決意。

引っ越しやらなんやらで忙しい日々が続いてしまい、決意したもののなかなか買いにも行けない日々が続く。
決意したのに手が出せないもどかしさを感じながら迎えた、2006年5月末日。


現金5万を片手に秋葉原に乗り込んだ。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。