シュミニッキ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ラジコン > 灯火に癒される。

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灯火に癒される。  <2007.07.26 Thu>

ヘッドライト・テールライト。

中島みゆきではない。

かねてからの懸念事項であった耐久車のライト。
なかなかLEDが見つからない。

秋葉原にでも行けばいくらでも手にはいるだろうけど、怖くて尻込み。
よく知らないから。
何が欲しいのかをキチンと説明出来る自信もなし。

ということで、この2週間位の間でハンズ,地元の電器屋,ホームセンターなどを回るもののイマイチ。

唯一、ハンズに近いモノがあったので、再度ハンズ。

超高輝度の白色LEDをお買いあげ。
LED自体の大きさも悪くない。
ラスイチを掴む。

一点、心配なのは輝度。
付属の抵抗では抵抗値が大きすぎる気がする。
でも抵抗だけ売ってるところ、なんて言ったらそれこそ秋葉原辺りに行かなきゃならない。

多少の不満は目をつぶるしかないかっ。

さて、早速繋いでみようかと。

付属の説明書には出力電源の電圧に応じて抵抗のつなぎ方例が書いてある。

「ふむふむ。わからん。」

抵抗を並列に2つ繋ぐらしい。
LED 1個に対し、抵抗2つ必要なのはわかった。

が、しかし。
・LED2つの場合は抵抗増やす必要があるのか?
 LED2つで抵抗を共用しても良いのか?
・根本的な話として、抵抗に+-見たいな向きはないのか?
みたいな疑問がわき出てきまして。

さて、どうしたもんか。

「そうだっ☆」

気が付きました。
解決策、気が付いちゃいました。

ボキ、勤め先はハードメーカーでした…
こんなの聞ける人たくさんいるじゃん…

ってことで早速、会社に持っていって聞きました。
さすがに瞬殺でした。

1個のLEDに対し、それぞれ抵抗をつなげないと輝度が落ちるとのこと。
共用しちゃダメ。
おまけに最適な抵抗値を計算してくれて、抵抗も貰っちゃいました。

今の会社に就職して、初めてヨカッタと思った瞬間でした。

シャンテを取り付ける時には最適!みたいな先の太い半田コテしかもってないけど。
ガムバッテなんとか一組作成しました。

ぴかりんこ。

LED光ったよ。

「ひかった~!!」

いや~嬉しい。
LEDが光っただけなのに嬉しい。
エジソンも初めて電球が光ったとき同じような気持ちだったに違いない。
時を超えたシンクロ。

実際にコースで見てみないとわからないけど、輝度も悪くなさそう。

なかなか終わらない耐久準備。
泣いても笑っても最後の週末近し。

さて、他のチームの準備状況はいかが??

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。