シュミニッキ

Home > Zippo

スポンサーサイト  <--.--.-- -->

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あちこちほぐすと暖かくなる。  <2007.12.14 Fri>

ずいぶん寒くなりましたね。
今年は寒くなるのが早いですねー。
そうですねー。
まー、どうでも良いんですけどねー。

的な会話が聞こえてくる昨今。

でもまぁ、寒くなってきたのは事実。
年明けあたりから寒さもピーク。

真冬の冷たい風に打ち震えながらの屋外ラジコンはもう罰ゲームそのもの。

子供の頃は半ズボンでたいした厚着もせずに外を走り回っていたのに。
寒くてどうの、なんて感じたこと無かったに。

寒中ラジコンはある意味、新しいアンチエイジングなのかもしれない。

とかそんなことを言いたかった訳ではなく。

『冬の上手なつきあい方』

ご婦人雑誌のお肌のお手入れコーナー的な見出しだけど。

もち、お肌とか関係なくて、Zippoですよ。

冬、寒くなってくるとZippoの火が点きにくくなる、という経験をお持ちのあなた。
対策はバッチリとってるかい?

答えは簡単。
ポケットに入れておけばダイジョウブイ。
おさんギャグ織り交ぜてるけどこれホント。

要は寒くなってくるとオイルが気化しにくくなることが原因。
なので暖めておけば、火は点きやすくなる。

同様に気化しないことが原因で「夏でも」「暖かくても」点かない場合がある。

中綿の詰め具合がよくないことがある。
この事象が顕著に見られるのがスリムZippo。
もちろんレギュラーサイズも起こりうる。

というのも製造時に綿詰めすぎるZipooで働くパートの人がいる。
かどうかはわからないけど、詰め方が良くない場合がある。
所詮、アメリカ製品なので厳密・緻密みたいなことを期待しすぎてはイケナイ。
なので個体差上等みたいなことになっている。

Zippoの火が点かないあなたのために。

・ホイール回して火花散ってる?
 ダメなら石を押し上げるバネ伸ばしてみるか石を2連突っ込む。
 それでも火花でなければZippoサービス逝き。
・ウィック(芯、火が点くところ)がまとまっていて細い。
 ウィックをちょろっとほぐす。
・ウィックが汚れている。
 ウィックが逝ってる場合は、
 ペンチなどでちょっと引っ張り出して余分な先を切る。
 もしくはウィックを新品に変える。
 ご用命のかたはタバコやコンビニへ。
 ただまぁ、ウィックなんて変えたこと無いけどね。
 30年前のZippoのウィックでもそのまま使えてるしね。

なのに点かない場合は中綿を疑え!ってことになる。
詰め込みすぎると気化しにくい。

全部綿出して詰め直してみる。
この時ウィックをうまいこと綿にからめつつ。
綿は余ったら無理に入れなくても良し。

あら簡単。今まで点きにくかったZippoが生まれ変わった。

冬の寒空、Zippoの炎で暖を取る。
ココロ寂しい、そんな時にちょっとした暖かみを与えてくれる。

とか、言って10分くらいZippoの火を点けっぱなしにしてたりすると、炎でホイールが焼かれてダメになるのでやめましょう。火花飛ばなくなります。

ココロ寂しい方は己の胸の内に詰まっている綿をほぐしましょう。
いらない綿が詰まっていたりするかも。

炎の先に見えるのは。  <2007.11.16 Fri>

Zippo BLUをやっと手にいれました。
純粋なZippo社製という意味で初となるガスライター。

SWAP MEET会場で4700円。
底値でしょう。
これほど安く出てると!

代理店を通さずに直輸入とのことです。
確かに日本語表記の印刷物は一切ありませんでした。

箱内部にプライスタグが付いていていました。

Zippo BLUプライスタグ

日本円で5500円を多少下回るくらいといったところ。
30001番の日本での定価は9450円。
日米での価格に随分、開きがあるように感じます。

すぐに使ってみたかったのでガスを入れて貰いました。

新品状態ではタンク内が真空なのでガスを入れては少し抜いて。
これを繰り返さないと十分にガスが入らないとのことでした。

いまいちその理屈が論理的に理解できませんでしたが、とりあえずガス注入の工程を眺めてました。

ガスを注入しては細いマイナスドライバーで注入口を押してガスを出して…

そうこうしているうちに入ったようです。

どうも火の点きが怪しく見えます。
BLUは着火の悪いモノが結構な頻度で紛れているという話を聞いていたので心配。

お店によっては全数チェックをしてから販売しているようです。

「徐々に使っていけば…」

みたいなことをポロッと言っていましたが、これまた意味がわかりませんでした。

Warninngテープを剥がしてガスまで入れて貰っている以上、やっぱり買いませんってなわけにはいかなので多少の心配を抱えつつ購入。

オイルZippoとの大きな違いとして、まず着火のしかたが違う。

フリントホイールを固定する台座自体が上下する。
フリントホイールを上から押すことでガスが出る。
この状態でホイールをまわし、火花を散らし着火。

なかなか一発では着火しない。
まぁ、こんなものか。

青い炎はカッコイイ。

着火直後は赤い炎が立ち上る。
次の瞬間、青い炎となる。

ターボライター特有のシュボーってな音も悪くない。

全体のサイズが大きいので手に余るのが難。
全長,全幅ともにオイルZippoよりも大きい。

なによりも作りがチープでデザインが格好悪い。

とまぁ、だったら買わなきゃいいのにと言われそう。
それでも一度は使ってみたくて購入。

帰宅してからも使い続けるものの徐々に着火しづらくなる。
20回くらいホイールをまわしてやっと着火。

翌日も同様。
着火しにくいというレベルを超えている。
寝たら直る。そんなことはないらしい。

ハズレ引いたか…

Zippoサービス送りを覚悟。

更に翌日。
会社に行く際にはオイルZippoを手に。
それでも諦めきれずにBLUも帯同。

会社にてBLU着火。

一発着火成功。あれ??
その後、使い続けるもいずれも一発着火記録を更新し続ける。

午後に入り、記録は途絶え何度かまわさないと着火しない状態に。
それでも使えないレベルではない。

原因についてしばし思考する。
ポケットに入れていたので暖めるといいのか?
多少振ってみたりしたのがよかったのか?

オイルZippoであれば暖めることによってガスが気化しやすくなり着火しやすくなることはある。

確固たる原因は究明できていない。

ふと親指をみると内出血
ヒリヒリと痛い。

もうしばらく、根気よく使い続けてみたい。

数日を経た今。
一般受けしそうな要素が見あたらない。

Zippoファンにも受け入れられるものではないだろう。
むしろZippoファンだからこそ受け入れがたい、そんな思いがある。

正直、青い炎は風前の灯火と言った感が強い。
炎同様、胸の内はブルー。

抑えが効かない暴走機関車 【SWAP MEET行き】  <2007.11.12 Mon>

雨。

2年前のあの日も。
そう、確か雨だった。

横浜赤レンガ倉庫での開催から2年。

今年、東京ミッドタウンに場所を移し、Zippoの祭典『TOKYO SWAP MEET 2007』が開催される。

様々なZippoに出会う喜びが想像される。
なかでも記念Zippo購入は必須。
早めに到着して並ぶために勇んで8:00過ぎには家を出る。

ほどなくして六本木到着。

東京ミッドタウンに侵入。

最近のオサレスポットには縁遠くなっていたのでドキがムネムネ。

いきなりこんなんでました。

東京ミッドタウン石のなにか

でっかい石が。
なんでしょう。

できて新しいビルなので未だ工事中なのかもしれません。

更に歩を進めるとこれまた。

オサレなセブンイレブン

東京ミッドタウンではコンビニもオサレでないといけないようです。

そうこうしているうちに目的のミッドタウン・ガーデン近くに。

TOKYO SWAP MEET 2007 横断幕


見えてまいりました、テント群が!

テント群

「ち、ちいさい」

規模が小さい。

なんたる縮小ぶり。

前回の横浜、更にさかのぼって大阪。
いずれも屋外の敷地に大きく広げたテント群が立ち上り、華やかだった。

今回はこぢんまり。

今回は開催前からいまいち盛り上がりに欠けているような気配はあった。
開催決定が遅かった様な気がするし、毎度来る通知もなかった。

更に始まってみてから感じたのはチラシも無ければポスター配布もない。
主催者企画もほとんどない。
とにかく、お金をかけずにこじんまり。

屋外での開催で特に柵などもないので開催時間前とは言え、早々に一周してみる。
出展者以外の来場者がほとんどいない。

悪天候が要因だとしても何とも寂しい雰囲気。

記念Zippoの列もない…

とりあえず、コーヒーでも飲んで煙草休憩としますか…
しばし、煙草の煙をくゆらせていると、開催10分前のアナウンス。

ぼちぼち並ぼうかと向かってみると既に長蛇の列。

やってもうた…

列のあちこちで購入可能数Maxの5個買うなんて話が飛び交ってる。

まずい…

なんのために早くきたのよ。

大丈夫だとは思いつつも何の根拠もない。

20分後…

Mission Complete!!

無事、3種類とも手に入れることができた!
これでまずは一安心。

手に入れてみるとおなじみのシリアルが。

Zippoは2種類あってそれぞれ300個。
BLUは200個。

ずいぶんと生産数絞ったのね。

shopのショウウィンドウ内には信じられないモノが。
なんと前回、横浜開催時の記念Zippoが…

これはアリなのか?

確かに大量に在庫抱えてたけどここで出しちゃったの!?
節々に今後のSWAP MEETに暗雲立ちこめる感が。

さて、やっと落ち着いて各ブースを巡ることに。

今回は記念Zippoのみで退散を覚悟できたので、薄目をあけて見てきました。
見ると欲しくなっちゃうので。

ナイフ。

2つで1500円。
こりゃ安いってなわけでまずは手始めに。

手始めって…
か、買わないよ。これ以上。

ピンバッチが200円。
安いなり。

ストラップ500円
安いなり。

ま、まぁこれぐらいならね。

家帰って気がついた。
ピンバッチ持ってた。同じやつ2つも。
3つ目、ワショーイ。

あっという間に見終わってしまった。

今度は落ち着いて2周目。

おろっ、これは。

1973年の木目柄発見致しました。
351番はすでに持っているけど、これはイニシャル欄なしのモノ。

地味だけど欲しかったやつですよ!!

以前、とあるお店で参万円でお見かけしたことはあったけど。
その時は、高値であるが故に華麗にスルー。

「記念Zippo以外にも1つくらい良いよね?」

「いやでも、お金ないし…」

そんな葛藤を胸のうちで繰り広げることもなく、即買い。
お安く譲って頂きました。

うーれしいなっと。

他にも欲しいモノはあったけど、さすがに我慢。

いや、我慢できなかった。

Zippo BLU買っちゃった。
30001番。4700円也。

安かったんだもん。

思えば、Zippo BLU発売直後にLoftに買いに行くも、30001番売り切れで断念したあの日。
現物BLUをみた瞬間テンション下がって、買うことを再考し始めたあの日。

ふと、思ったわけですよ。
しばらく待てば安く売りでるはず。
ホームセンターあたりで…

そんな姑息な考えに支配され、『セルフ待て』を発動して数ヶ月。
ここで出会った定価の半額以下価格。

お店の人曰く、BLUは早く売りさばきたかったとのこと。
そうですか…
まぁまぁ、やっぱりそうですか。

BLUについては別途感想を述べようかと。

さてここで一時待避。
記念Zippo購入作戦のために開催時間前の『列並び要員』として招聘したにもかかわらず、開催時間余裕でオーバーの10:15に会場に到着したが故になんのために来たのか?的な奥様(ミッドタウン散策中)と合流して一緒にお昼ご飯に。

どのお店もキラキラ。
客もキラキラ。

そんな中、ちょっと伏し目がちにカレー食べてきました。
おいしかったです。

小学生の作文みたいになってきました。

奥様と分離して再度単身、会場に戻る。

でも、もう見るモノもお金もない。

とここで、呼び止められる。

「このケースどう?」

お店で展示用に使うショウケースらしい。
たしかに通常売っているモノではない面構え。

実際に使用していたモノらしくホコリをかぶっているし、オイル缶を留めるための両面テープ痕がガッチリ。

6000円ですか。

Zippoを持ち運ぶ際のベルトなどに付ける革ケースも付けますよ、と。
フリントとウィックも付けますよ、と。

いやまぁ、正直心惹かれますよ。
でも、まぁ大人の事情がありましてね。
なかなかどうして景気よく『買ったぁー』とは言えないわけですよ。

なので小さい声で『買います』と言いました。

結局、買っちゃったよ!このひと。

なんか、このケースを手に入れたことで満足度もMaxを向かえまして。
会場をあとにすることにしました。

高さが50~60cmもあるこのケース。
個人売買なのでこれを入れる箱やら袋なんてものは用意されてるわけでもなく。

さて、どうしたものか?

どうするもこうするも、とりあえず抱えて持って帰ることに。

ミッドタウンの中をZippoケース抱えて颯爽と闊歩してきました。
もうみんなの視線は釘付け☆

Zippoのビニール袋を手に下げて、黒い大きなケースを抱えていればそれはもう立派な不審者★

ガードマンとすれ違う際には『ちょっと待った~』コールが飛び出さないかちょっぴり汗かきながらも無事駅まで到着。

電車内でも皆さんのボクに対する扱いは大差なく、ちめたい視線にさらされながら帰ってきました。

家に着くなり早速ケースを磨く。

雑巾、爪楊枝、ピンセット、ティッシュ、ペーパータオル、Zippoオイル、クリーナースプレーを駆使しながらどれくらいたった頃か?

ついにピカピカになりました!
傷もなく新品みたいな輝きを放ってます。

空のケース

いやーカッコイイ。
さてどのZippo入れようかな~。

長考の結果、持ち時間いっぱいとなりました。

結果的には1973年製の乗り物シリーズでかためてみました。

タイミングモニタ

しばし眺めるも飽きない。
なんてステキなケースとZippo達。

良いですよ。非常に。

と言うことで、先行き不安なSWAP MEETではあるけれど、個人的には満足な1日でした。

次回も必ずや開催して欲しい。

関東圏Zippoファンにとっては唯一と言っていいZippoイベントなのだから。

戦利品のすべて

セレブになってくる。  <2007.11.07 Wed>

今週末はギロッポンに行ってくる。
東京ミッドタウンに行ってくる。

セレブな香りを堪能してくる。
これでオイラもセレブの仲間入り。
東京のナウな人みたいだ、オイラ。

さてナニユエ、そんなハイソな町に繰り出すかと言うと。

『ZIPPO SWAP MEET 2007』

これが開催されるわけであります!

2年に一度のお祭り。

金に糸目をつけずにZIPPOを漁りに漁ってくるぜっ!
って言える人は真のセレブ。

はい、ボクには無縁。

記念ZIPPO購入が関の山かな。

その記念ZIPPOですが。

前回(2年前in横浜)はなぜか2日目終了間際でも大量に在庫が・・・
来場者の見込みを誤ったのか??

そのせいかどうかはわからないけれど、今年は1日のみ。
記念ZIPPOの数も絞られることになるのかも。

と言うことは頑張って早くいかなきゃ。

目の毒かもな~。
買えないのに行くのって…


時に、開催場所がマッチしていない気がしてならない。

青の時代。  <2007.09.04 Tue>

最近、ピカソに凝ってまして。
うそー。

Zippo BLU.

依然にもさわり程度、ご紹介しましたが。

遂に店頭に並び始めました。
製造上の問題で発売が延期され、ヤキモキしながら待ってました。

Loftに電話して聞いてみたところ、Loft先行が8月中旬過ぎ。
8月25日に全種そろい踏みとのこと。

が、しかし。

Loft店員殿によると不良が多いらしい。
発生率は3/20個。つまりは15%。
そんな発生率…
品質管理はどうなってるのよZippo社様。

なんて言ってもそんなの関係ないのさっ!
だって、欲しいもの。新製品だものっ!

という訳でLoft突撃。

ずらり揃ってました。
全12種類。

早速触らせて貰うことに。

通常のZippoよりも若干大きめ。
但し、手に余るほどではないのでフィーリングは良し。

シャキリーン。

開けてみる。
なんか軽い??

シャキリーン。

何度か開け閉めしてみる。
音と開閉感が軽いような?

よく見るとケースが肉薄?
勘違いか?
自分のZippoと見比べてみるか。

って、今日の手持ちアーマーじゃん!!
意味なし。

*アーマー
 ケースが肉厚なZippoシリーズ。
 通常タイプにはない重量感が良し。

まずはこの時点での印象。
全体的に非常に安っぽい。
楽しみにしてただけに落胆度多し。

気を取り直して、さて着火。

シュボー。

青い炎が揺らぎます。
いや、揺らぎません。
直立不動と言った感じでシュボー。
文句なしのブルーな炎が立ち上がります。

普通のターボライターで言うと炎調節「+」Maxといった感じ。
ちなみにZippo BLUには炎調節はないので、どんなときもこのシュボーです。

「個人的な好み」の範囲もあるかと思うけど、とかく安っぽく感じてならない。
なんかブルー。Zippo BLUだけにブルーになった。
うまいこと言った。
写真で見るよりも厚みと全長のバランスが良くない。

Zippo定番のポリッシュとブラッシュ柄がないのも腑に落ちない。
店員殿曰く、ポリッシュは加工が大変なのかも、とのこと。
ポリッシュは磨きで鏡面仕立てにするので、今回のようなガス残量をチェックする窓があったりすると磨きが困難なのかもしれないとのこと。
あくまで推測なのですが。

でもブラッシュならいけるはずじゃん。
ブラッシュが欲しい。ブラッシュが欲すぃ。
とか子供のように駄々をこねてもどうにもならないので諦めます。

その後店員さんと20分くらい話し込んで。

さて買うべか。

スイマセン、現品しかありません。
はい、そーですか。
それじゃ、買いません。

でも、すぐに入荷するそうです。

「また、来るぜっ」

と言い残して去りました。

渋谷LoftのZippo売り場のお兄さんはいい人でした。
買うならそこで買いましょう。

■ Zippo BLU おまけ情報
書きたい情報は他にもあるけれど。
ひとつこれだけは。

この度、Zippo社製のターボライターガスも発売されました。
現在、Zippo BLUを買うとこれがおまけで付くそうです。
このガス、実はあまり良くないらしい。
国内製の純度の高いやつの方がいいそうです。

更にZippo社製のガスは今後、輸入されなくなる可能性があるそうです。
昨今の危険物取扱に関する規制の絡みが原因のようです。

結論としてはおまけのガスはコレクターズアイテムと捉えて保管しとけ。
実用のためには他のガスを買え。

以上、こんなところで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。